共感を呼ぶポジショニング

共感を呼ぶポジショニング"ええ、昔は調製粉乳がよく使われていました。でも今ではそれほどでもありません。それに、ずいぶんと長い間新しい製品は発売されていません。"

共有

pdf

事例

“義理の母は使っていましたが、私は使いません。” 飲食料品業界の大手健康・栄養食品企業は、アジアの主要な市場で成功を収められていません。

ソリューション

Cimigoの探索的な民族学調査によって、ブランドがすでに消費者の共感を呼んでいないこと、そして再編が必要なことが早々と明らかになりました。Cimigoは、消費者と協働創造エクササイズを行い、共感を呼び、インスピレーションを与え、消費者の選択を改めて保証する新たなポジショニングを構築しました。

結果

この調査では、ブランドそして消費の主な原動力の認識に対して洞察を提供しました。Cimigoは、消費者とのワークショップを持ち、その結果として、ブランドチームが既存の強みを生かしたブランドのポジショニングを再度特定し、市場における特有のポジションを見出すのに役立ちました。この結果、同企業のブランドは業界売上5位から2位にランクを上げました。