プラットフォーム戦略の開発

大手段ボール製造会社は、長期の戦略計画を練り始めました。

事例

取り扱っている複数の製品部門では大幅な変化が生じており、各部門のマネージャーたちは、一貫した戦略プラットフォームの開発を目指して共に優先事項を決定するためにもそれぞれの視点を求めていました

ソリューション

一連の戦略セッションでは、まず情報の分析から開始し、最後にはワークショップを行いました。Cimigoによるこれらのプロセスによって、チームは重要な優先事項を明らかにし、その優先事項への対応を計画することができました。ワークショップは各部門のマネージャーが効果的に協力できる場となり、成功事例を共有するだけでなく、それぞれの担当部門を超えた問題を話し合うことができました。

結果

設定された優先事項は国の事業計画に組み込まれ、チームは最も重要な機会と脅威に対応するための一貫したマーケティング戦略を構築することができました。